本文へスキップ


 


 西田町は、養蚕、葉タバコを中心に行ってきましたが、国の東部開発事業により、それに代わる農産物を開発しようと、1990年から本格的に梅の栽培を始めて30数年になりました。
 西田の梅を郡山の名産物に育て上げようと、当初は50名ほどの生産部会のまとめ役として、8年間会長を務めました。
●収穫期は6/中旬〜7/中旬頃まで、一町歩の梅畑で、5dほどの生梅を出荷します。
●西慶梅園では青梅の出荷のほかに、昔ながらの梅干しを直売をしています。
●3月中旬、花の時期になると地元の方はもちろん、他県からもたくさんの方々にお出でいただき、西田の花見山。いや、桃源郷とも言われています。
●6月中旬から本格的に収穫期に入ります。収穫期には梅狩り体験も行っており、地元小学校生徒の梅狩り体験や、地方より農業視察研修としてお出でいただいています。

生梅の販売(直売)
梅干の販売(直売)


 

  
梅の里 西慶梅園(にしけいばいえん)
JA郡山市果樹部会 西田生梅生産部員
増子 公雄 (ましこ きみお)
住 所
〒963-0922
福島県郡山市西田町三町目字長喜田46
連絡先
TEL:024−971−3919
FAX:024−971−3919
梅畑面積   
100アール
作付本数   
350本
梅の品種
白加賀 南紅梅 越の梅 その他
 

大分大山町「全国梅干コンクール」に出品

 4年に一度開催されてる「第五回全国梅干コンクール」 加工の部に
「西田の梅玉」を出品し、見事優良賞 受賞することができました。


第5回全国梅干コンクール

バナースペース


〒963-0922
福島県郡山市西田町三町目
字長喜田46

TEL 024-971-3919
FAX 024-971-3919